粉々に砕けたカップ、蘇りました。

義理の妹が母にプレゼントしたカップです。2つ同時に落としてしまい、ひとつは欠け、ひとつは粉々に。

欠けたやつはすぐ出来たのですが、粉々はさすがに時間かかりました。

最初は深緑の色漆で完成したんですが、なんかイマイチだな、と思い、先生のアドバイスで錫(すず)に塗り直しました。

銀ほど明るくなく、落ち着いた感じできれいです。

時間が経つとやはり色が黒ずんでくるらしいですが、鹿革や百均で売ってるアクセサリー磨きでこすったら、またきれいになるとのこと。

底の丸いカップ、壊滅的におとすので、気をつけます…。

 

Follow me!